駄目サラリーマンの一念発起   副業はじめました!R2

ちゃみりてぃR2です! 太陽光発電投資、ソーシャルレンディング、個人事業主についてのブログ・・・改め 膀胱がん闘病記やキャンプ・雑記についてのブログです。^^

膀胱がん闘病記 その4

皆さんこんにちわ~


今回は膀胱がんになってからのお金についての話です。
f:id:titypapa:20200128091155p:plain

私は第一生命の堂々人生という保険に加入しておりました。

掛け金は毎月15,000円

本来であれば今年か来年の更新にて掛け金が毎月3万円ほどになる予定でした。
(年齢的に)



さて実際に支払いを受けた保険金ですが・・・

5月に膀胱がんの再発が発覚し、更に膀胱全摘出するしかないという診断結果に基づき今後5年間100万円が年金として入ります。

これは毎月の掛け金がもっと多いプランであれば更に手厚い金額が貰えるのですが・・・人それぞれです。

あと、毎月の保険料免除で毎月の15,000円の支払いは無しで保険はそのままという特約と特定の身体障害への備えの特約で一時金100万円が入りました。

あらかじめ癌になるとわかっていれば、もっとお金の入る内容にしていたのですが これは、たらればです。

皆様には早めの保険見直しをオススメします。

私は毎月の支払をケチって必要最低限の保険内容にしていました・・・


それでも実際に病気になった時には、とても助かりました。保険の大事さを痛感です。


7月いっぱいで有給休暇をすべて消化していまい、8月以降 現在まで無給の休職状態です。

給料が入らない補填としては、会社が協会けんぽに加入していたので診断書を提出して申請して傷病手当をいただいております。

傷病手当はだいたい会社から貰っている給料の2/3程度をいただく事ができます。


以上、保険金と傷病手当にてなんとか休職中でも生活出来ております・・・

いただいた保険金は日々減っていきますので、早く社会復帰しないと困窮するのが目に見えていますので 頑張ってリハビリの毎日です。


入院中の寝たきりの日々にはタブレットyoutubeを毎日たくさん観ました。

特に釣りの動画やヒロシさんのキャンプ動画に心を奪われ、元気になったら絶対に釣りやキャンプを始めようというのを目標と生きる希望にしました。

生きる希望があれば長生き出来るらしいです。


現在 冬ですが、暖冬であるためリハビリの一環として数回キャンプをすることができました!
f:id:titypapa:20200128090254j:plain
f:id:titypapa:20200128091124j:plain

今後はアウトドアを趣味にして健康的に生きていきます!

それでは闘病記は今回がラストです。

でわまた~

膀胱がん闘病記 その3

皆さんこんにちわ~

無事に退院した私でしたが、これからは長期間の寝たきり生活により衰えた体を 以前の状態に戻すためのリハビリを始めて社会復帰を目指して現在に至ります。^^


自分が思っている以上に体の筋力が衰えており、地べたに座った状態から自力で立ち上がるのが困難であったりとかショッピングセンター内を歩いているだけでも息が上がる等々

日常のこれまで当たり前に出来ていた事が出来ず、頑張って行う事で後に全身筋肉痛に襲われる その繰り返しなのです・・・
f:id:titypapa:20200124093453p:plain

筋肉痛が痛すぎて、更に日常の動作に支障がでます。階段の昇り降りもやっとの思いです。

筋肉痛は筋肉細胞が増殖する際におこる現象であるため 乗り越え続ける事で、いずれは以前のような生活を取り戻す事が出来ると思われます。

そういったリハビリ生活を約1か月経過して、そろそろ仕事復帰の準備のため会社に顔を出したりなどし始めた矢先に・・・

高熱発生で緊急入院となりました!
f:id:titypapa:20200124093857p:plain

病名は腎盂腎炎

腎盂腎炎とは、小腸で作った代替膀胱内には大腸菌があり それが腎臓に入りこむ事で発生する病気です。
f:id:titypapa:20200121085254p:plain

膀胱全摘出した人はほとんどがかかる病気で、尚且つ繰り返し発症するとの事。

緊急入院時には熱が39.8℃まで上がり、腎臓も腫れていたそうです。

また寝たきりで数日点滴を打つ生活に・・・

腎盂腎炎での入院は約10日ほどで退院する事ができました。


その後は約2週間おきに高熱が発生し、その都度 病院から処方された抗生剤を飲みながら自宅療養しております。

3歩進んで2歩下がるを地でいっています。^^

そういった事情もあり、昨年の10/24に膀胱がん手術では退院したにもかからわず 今だにリハビリ生活中という訳なのです。
f:id:titypapa:20200124095517p:plain

ちなみに髪の毛は少しづつ生え揃い初めております。何故か髪質が直毛から天然パーマっぽく変わっています・・・


仕事についてですが・・・
幸いなことに闘病生活に理解のある会社だったので、現在は休職ですが半日リハビリ出社を行い体を慣らしています。

体を慣らすのが目的なので主に机に座ってこのブログを書いたり、ネットサーフィンしたり、病気に伴う各種手続きの時間として過ごしています。^^




今回はここまで。次回は金銭面についての話を書きたいと思います。

でわまた~

膀胱がん闘病記 その2

皆さんこんにちわ~

さぁいよいよ膀胱全摘出手術となりました。

全身麻酔をかけて長時間の手術となるため、前もって食事・飲み物禁止 そして浣腸にて腸内を空にします。

通常でも8時間はかかる手術ですが、全身麻酔なので私は寝るだけです・・・

朝の9時過ぎに手術室に運ばれて、手術開始。




そして目覚めた時、色々と大変な状況であった事がわかりました・・・

まず時間が明け方の5時くらいでした。私が太っていた為、手術がやりにくい状況がありとても時間がかかってしまったとの事。

結果としては尿道に癌が転移していなかった為、自排尿型代用膀胱(小腸を膀胱にする)での手術が行われていました。

約20時間に及ぶ大変な手術をしていただき感謝です。




気が付くと鼻と口 腹、尿道などありとあらゆるところに管が通っていました。

f:id:titypapa:20200123084638p:plain

特に口から体内に通してある管のせいで口内が乾燥してパリパリに。

そのせいもあって、唾を飲むのにも痛みが伴います。

そして呼吸がとてもしにくかったです。

酸素発生機を軽く口にあてられましたが、呼吸自体は私が意識して行わないと出来ないような状態・・・

そのため呼吸に意識を専念せねばならず、術後は3日ほど一睡も出来ませんでした。

首も回らないため、夜中にひたすら天井を見つめながら夜が明けるのを待つ時間は気が狂いそうになりました・・・




数日後、口の管が抜け、氷を舐める事を許可され徐々に出来る事が増えていきます。

最初の一週間くらいは自分で何一つできない・まともに睡眠もとれない状態でした。

最初のフル介護状態では口に何も入れていない為、オムツに脱糞する事はありませんでした。

看護師さんに脱糞したオムツを交換してもらう事がどうしても恥ずかしいかったので、最初に便意を感じた際には なんとかイス型便器(部屋に設置)で排便をする事が出来、1週間後くらいに自力でトイレに行けるようになりました。

少しづつ管が外れていき、自分で出来る事も増えて、行動範囲も増えて・・・

相変わらず食事だけは何を食べても不味く、時には食べた物をすべて吐き出す事も・・・

病院食をほとんど食べれなかったので、フルーツやヨーグルト・野菜ジュースなどで栄養補給をしていました。おかげで体重は手術前から20kg減りました。

f:id:titypapa:20200123085622p:plain


術後の後遺症から徐々に回復していき、自分で歩く事もできるようになり・・・一か月ぶりのお風呂に入ったり・・・どんどん自分で出来る事が増えていきます。^^

2019/9/6に手術して2019/10/26に無事退院する事が出来ました。

f:id:titypapa:20200123084740p:plain

さあ~ 頑張ってリハビリするぞー!という事で、本日はここまで

でわまた~